ソーラークッカーの決定版サニークッカー

ソーラークッカーは火を使わない太陽熱調理器具

HOME > 料理事例> ソーラークッカーで作ったフランスパン

料理事例_06

料理事例 ソーラークッカーで作った フランスパン

ソーラークッカーを使ってフランスパン焼きに挑戦しました。

ソーラークッカー フランスパン

出来立てのパンをトーストしバターやジャムをつけていただきましたが、しっかりと小麦粉の旨みが感じられました。

ソーラークッカー フランスパン 出来上がり

材料

パン生地 中力粉(フランスパン専用粉) 500g
8g
ドライイースト 3g
モルト(麦芽糖) 1.5g
330ml
中力粉(打ち粉用) 適宜
サラダ油 適宜

作り方

    [ 家での作業 ] 

  • 中力粉をふるう。モルトは少量に湯(分量内の水を使用)で溶いてから、水で合わせる。

  • ボウルにすべてのパン生地の材料を入れて、スケッパーなどで混ぜる。ある程度まとまったら、手のひらのつけ根あたりで押し込むようにこねる。

  • 粉を打った板の上で、さらに生地をこねる。生地を板に思いっきりたたきつけては、手のひらのつけ根で押し込むことを繰り返し、きめが細かくなるまでひたすらこねる。

  • ボウルに丸ねた生地を入れ、堅く絞ったぬれ布巾、ラップの順にかぶせる。24~30℃の場所におき、一時発酵させる。90分ほどで、生地は2倍にふくれる。

  • 生地を手で軽く押し付けて、中にたまったガスを抜き、きれいに丸める。

  • 再びボウルに入れてラップをかけて、冷蔵庫で一晩、低温発酵させる。翌朝、ボウルに入れたまま、クーラーボックスに入れて冷やした状態で野外に持っていく。常温のままにしておくと発酵が進んでしまうので注意。

  • [ 野外での作業 ]

  • 別のボウルに綿布を敷いて中力粉をまき、生地を移しいれてラップをかける。 日の当たらない場所で、ひと回り大きくなるまで二次(最終)発酵させる。

  • 軽く温めたダッチオーブンにサラダ油を少々入れて、ペーパータオルなどで内側にぬる。手を触れられる程度まで冷めたら、鍋の内部全体に中力粉をひき、生地をひっくり返して入れる。

  • サニークッカーに鍋をかけ、約10分おきに鍋回しをおこなう。一時間ほどで焼きあがる。

天気のいい日はソーラークッカーでクッキング。
サニークッカーは、直径1mの大型パラボラで高エネルギー調理が可能です
これは家庭用ガスコンロの弱火から中火の火力に相当します。

ソーラークッカーで作った楽しいお料理写真集 PageTop


サニークッカー メニュー

サニークッカー 会社概要

サニークッカードットコム

住所:〒187-0024
東京都小平市たかの台
32-1-204

電話:042-316-9803